個人投資家って

スポンサーリンク
Pocket

個人投資家ってどんなイメージでしょうか?

損してそう、金持ってそう、パソコンの前に座ってモニタを並べて…などいろんなイメージがあると思いますが、

株主という視点で見るとどうでしょうか?

東証の調査では、

2016年末時点で、上場企業の17.1%の持分比率を個人投資家が保有しているそうです。

2割弱ということで結構な存在感ではないでしょうか。

外国法人、事業法人、信託銀行に次ぐ大株主で、生保・損保より多く株式を保有しています。

信託銀行は真の保有者はまた別に居る部分が太宗と思われますが、それにしても

個人投資家はなかなかたいした大株主ですね。

ただ、東証の2016年調査報告がカバーする2011年からの推移を見ると、2011年の20.4%から一貫して減り続けています。

代わりに伸びているのは外国法人と信託銀行。

一個人投資家としては少し寂しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする