金への投資

スポンサーリンク
Pocket

いつかブログで記事にしたものを体系的にホームページに纏めたいと思いますが、しばらくは思い付くままに記事として書き記して行きます。

よく「有事の金」と言われ、金をポートフォリオに幾らか入れておくと良いと言われます。人に寄りますが、だいたい5-10%が適当な配分だと主張する方が多いように感じます。

私は金の保有意義に懐疑的な為、全く投資していません。

まず、これは他の所謂コモディティ商品も同じですが、金それ自体は何も生み出しません。

一方、よく言われる保有意義は、戦争が勃発した際に株式や債券の価格が下落しても金は比較的安定もしくは逆に価格上昇が見込まれ、資産価値の維持に一定の効果がある、というものです。

戦争が起きても証券価格が下落するのは一時的なものでしょうし、戦争に必要な物資を生産する企業の業績は大きく伸び、株価も大きく上昇するのではないでしょうか?

であれば金なんか持つより、軍需産業の企業の株式を持っている方がよっぽど割のいいリスクヘッジになる気がします。平時にも配当が受け取れます。

兵器を製造しているアメリカ企業の株式も手軽に買えますし、日本企業でも兵器を製造している企業はたくさんあります。

アメリカ軍の艦艇修理を行なっている日本企業もあります。

金への投資ってどうですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする