最も重要な指標

スポンサーリンク
Pocket

投資をするに当たって、最も重要な指標、と言われると皆さんに取って何でしょうか?

私は昔から金利を常に見ています。

米国、日本の国債利回りの水準とそのカーブがどうなっているか、どうなりそうか、が全ての根源だと捉えています。

景気循環、各企業の財務費用、同じく資本コスト…全てに影響します。

最近は米国債のイールドカーブがフラットになりつつあることを一番気にしています。

2000年代半ばの米国の不動産バブルの時期、短期金利を上げても長期金利が上がらない理由が分からないアラン・グリーンスパンFRB議長は、謎、だと言いましたが、海外勢が米国の長期債を買っていたことが原因でした。

この構造は今も変わっていないようですので、今回もFF金利を上げても米国の長期債利回りはあまり上げていません。上がってはいますが、イールドカーブはベア・フラットニングフ(短期金利が上昇してフラット化が進むこと)が進んでいます。

景気拡大期の最終局面にあり、景気後退期に入るのか…。

株式ポートフォリオは景気循環の影響を受けにくい企業で固めているつもりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする