リスク許容度 〜 リスクをとる能力編

スポンサーリンク
Pocket

さて、今日はリスクを取る能力についてです。
(1)自分の資産規模に対する認識
自分で余裕資金が多いと思っている方はリスク許容度高く、そうでない方は低いでしょう。
(2)ライフステージ/運用期間
これはよく見聞きすると思いますが、資産形成初期(若年)、資産形成期(子育て期〜退職)、資産維持期(退職後)、資産分配期(相続開始期)に別れ、最初ほど投資期間が長くリスク許容度が高い。
(3)投資目的の重要さ
必ず必要なもの、例えば子供の教育費なんかはとても重要なので、高いリスクは取れないとされます。
老後に贅沢したいな、なんてのは普通の生活が出来れば困りはしないので、高いリスクを取って運用出来ると考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする