リスク許容度の測り方 〜 リスクを取る意思編

スポンサーリンク
Pocket

さて、今日は一昨日説明したもののうち、「リスクを取る意思」について説明します。
⑴どうやって資産を獲得して来たか
例えば起業し事業に成功した方はリスク許容度が高い。サラリーマンはそもそも高いリスクを取った経験もありませんのでリスク許容度は低いです。
自分の周りのサラリーマンを見ていると営業とか営業マンを志向していた方なんかは「自分はそんなことない、リスクテイカーだ!」と反発しそうですが、やはりサラリーマンは安定志向でリスク許容度が低いと思います。皆さん終身雇用で守られた中で色々言っているに過ぎないので。
また相続によって資産を獲得し、能動的に自らの力で資産獲得の経験がない方もリスク許容度は低いです。
ご自身で一度じっくり冷静に考えてみることをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする