確定申告 2017(続き)

スポンサーリンク
Pocket

株式投資とは関係ありませんが、今回から医療費控除に関し、提出書類の簡略化と称して領収証の提出が不要になっていました。

代わりに明細を提出するのですが、以前から件数が多いと明細作成する方が楽なので医療費控除を申請する方は明細作成しているはずであり、領収証を5年間保存しなくてはならなくなったことは煩わしさが増えたと思います。2019年分の申告までは従来通り、医療費の領収書提出出来るそうです。

医療費控除に関し領収証提出不要なのはetax利用のメリットの一つとされて来ましたがこのメリットは無くなりました。

しかし一方で、なんとスマホからも確定申告が出来るようになっており、かなりの進化を遂げています。

また、ウェブ上の確定申告書作成コーナーもどんどん使いやすくなっており、かなりユーザーフレンドリーであり、よく知らない方でもスイスイと申告書作成作業が進められると感じました。

かくいう私ももう10年前から毎年確定申告しておりますが、何せ年に一度のことなので、未だこれはどうするんだっけ?とネットで調べながらやっている有り様ではありますが、確定申告書作成コーナーの使い易さは素晴らしいものがあると思います。

プリントアウト→郵送が段々面倒くさくなってきたところに、医療費の領収書も出せなくなるので、そろそろetaxを利用しようかと思い始めました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする