結局インデックス投資が最強なのか?

スポンサーリンク
Pocket

インデックス投資はとても合理的な投資方法です。

市場平均を超えるリターンを上げる能力がない、もしくは市場平均を超えるリターンを上げるファンドマネジャーを予め見極める能力がない場合には、インデックス投資により市場平均リターンを獲得することが最大のリターンを得る方法だと言えます。

更に調査が不要なだけに、上記のいずれかに当てはまる方にとっては、投資に割く時間も少なくて済みますから、結局インデックス投資が最強の(最高の)投資方法となるでしょう。

ところが、です。

私も昔インデックス投資に傾注していた時期があったのですが、まぁなんとツマラナイことか。世の変化や様々な業界、企業に対する好奇心が強い方にはインデックス投資を継続することは困難ではないかと思います。

先日の記事の通り、兎にも角にも出来るだけ長く市場に資金を入れっぱなしにするのが長期的には大事なので、もしツマラナくて継続出来ないとしたら、それはその方にとっては最強の投資方法にはならないと考えます。

いちいち個別の企業や投資信託のことを調べるなんて面倒だという方は、ひたすら株式インデックス連動の投資信託を積み立てるのが最善の投資方法に違いありませんが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする