三井生命のPMM ②資産の分類 (④成長資産)

スポンサーリンク
Pocket

④成長資産

長期的な目標達成のために増やすための資産。リスクも受け入れながら収益性を追求した運用を。インフレリスクから資産を守る手段にも。

これに関しては、一番最初にFPの方にお会いした際の会話から、両者ともに私の方が遥かに詳しいとの認識に至っていたものの、一応確認したいので運用の中身を詳細に教えてくださいと言われたので、保有する金融商品・金額を全てご覧頂きました。

結果、特にコメントはなく、今のままどんどんやってください、と言われました。

やはり、運用戦略や戦術についてのアドバイスは資産運用のプロに求めないといけません。

私もCFAの端くれなので、寧ろアドバイスするくらいでないといけないと思っているのですが、バイサイドでファンドマネージャーをやっている訳ではありませんので真のエキスパートと言えるかは?でありますし、個人の資産運用は機関投資家といろいろ異なる事も多いですし、更にやはり客観的な立場にある第三者からコメント・アドバイスを貰うということが最大のメリットだと考えています。

一流のスポーツ選手にコーチがいるように、個人の資産運用にも常に自分に付き添いアドバイス、叱咤激励してくれる存在の効用は大きいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする