デフレは困る?

スポンサーリンク
Pocket

デフレは悪、デフレからインフレにさえなれば経済成長して日本国民皆ハッピー❗️

なのでしょうか?

私は懐疑的です。

まず、日本国民の生活が経済的にゆとりあるものになる為には、実質所得の増加が必要であり、殆どの人は勤め人なので、すなわち実質給与の増加が必要でしょう。

しかし、2000年代以降、社会保障費の増大に沿って社会保険料負担が増え、全体としては日本国民の実質所得は減少し続けています。

インフレになると、実質所得は更に減少し、日本国民の生活は更に貧しくなるでしょう。

デフレが困るのはそれによって実質的な負債の負担が高まる純負債を抱える経済主体で、一番困るのは日本政府です。そもそも返済見通しのない借入を抱え、デフレになると税収も減るのでますます借入が返せなくなります。

賃金に下方硬直性があることから、資金の貸し手となっている個人は寧ろデフレになった方が生活は楽になるかもしれませんね。

一方、同じく資金の貸し手となっている企業は、手許現金の実質的な価値は増えるものの、デフレにより売上高が減っても賃金を物価下落に応じて下げることは不可能ですから、毎年の利益は圧迫されることでしょう。

今のところ個人にとってはデフレ歓迎❗️な気がしますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする