株式売買頻度、投資家クラスターと投資リターン

スポンサーリンク
Pocket

GWに入り、何となく日本は世の中全体がゆっくりな感じでしょうか。

個人投資家のブログを見ていて、ふと思いましたが、皆さんはどれくらいの頻度で株式を売買しているでしょうか?

私は2018年は、優待取得目的以外での売買はまだありません。

古いですが、経産省が実施したアンケート調査があります。

経産省 個人投資家アンケート 2010年

この結果では、保有株式の時価総額が大きいほど売買頻度が高い結果となっています。インデックス投資が礼賛されている昨今、巷では売買コストは投資リターンを押し下げるので…と言われているので、逆の結果となっていそうです。

投資家のクラスター分類が面白いですね。

短期感覚型、長期配当・優待重視型、短期運用バランス型、長期運用理論型に分類されています。

過去の収益は、長期運用理論型が最も高く、長期配当・優待重視型と短期運用バランス型が続き、やや離れて短期感覚型が一番悪い結果となっています。

短期感覚型が一番悪いのは納得ですね。株式投資の経験が浅い個人投資家はこれが一番多いのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする