JT 反撃の狼煙

スポンサーリンク
Pocket

JTの株価が大きく反発上昇しました。プルーム・テックの全国販売時期の前倒しが好感されたようです。

先行するPMの決算発表より、市場が期待したほどRRPが浸透していないのは、出遅れたJTにはポジティブなことだと思います。

紙巻タバコ🚬需要急減には変わりありませんが、減少スピードは鈍化しており、相当悲観的に見ていた市場はJTへの評価を更に修正していくのではないでしょうか。

既に世界全体では高い市場シェアを持つPM、BATと比べて、小さな(と言っても1000億届く場合もあり大きいですが)買収を繰り返していけるJTの方が伸び代があると考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする