積立投資はリスクが低いという誤解

スポンサーリンク
Pocket

近年、積立投資、ドルコスト平均法が大流行りです。

ただ、中には積立投資はリスクが低い、と無条件で積立投資礼賛する意見も見かけます。

果たしてそうなのでしょうか?

株価が上がると思うなら一気に買った方がリターンは大きいし、下がると思うなら一気に売ってしまった方がマイナスは少なくて済みます。株価が上昇・下落を繰り返しながら最終的には高い水準に達する場合は、一気に買うよりもドルコスト平均法による積立投資の方がリターンは大きくなります。

多くの個人投資家は、特にサラリーマンは毎月定額の給与が入るので、それを貯めて貯めて一気に買うか、毎月少しずつ買っていくか、の二択です。

ここで、マーケットタイミングを図れないと考えるならば、自然と積立投資になる、ということかと思います。

しかし、ある程度はマーケットタイミングを図れる、という場合は積立投資よりも、バリュエーションが高い時期は現金を増やしておき、バリュエーションが下がってきた頃に買い始める方が有利、となります。

ただ、仮にバリュエーションが高くとも、一株あたり利益の成長が続くのであれば、バリュエーション低下を待つよりも、バリュエーションか高い時期でも早く買っておく方が有利、という結果になると思います。

更に、過去の統計データからはアセットアロケーションが最も投資リターンの大部分を規定する結果になっていますので、アセットアロケーションをどうするか?が一番と考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする