財政再建なくして成長なし

スポンサーリンク
Pocket

先日、日経新聞の大機小機に前々からそうだと思っていた意見が載っていました。

政府は、成長なくして財政再建なし、と言うが、逆で財政再建なくして成長なし、だろうというものです。

成長なくして財政再建なし、というのは増税もしくは政府支出減をしない方便として使われているのでしょう。

国民はそんなに馬鹿ではないはずで、消費が盛り上がらないのは、将来増税されるか社会保障費が減らさざるを得ないはずで、それを見越しているからだと思います。

デフレに見舞われた過去30年弱、個人は相変わらず現金保有率が高かった訳ですが、デフレ下では現金の価値は上昇し続けていた訳で、 実は大変合理的な選択をして来ています。

ただ、返済のアテのない借金により目先の利益を取る、という多数の国民も賛成する政策が採られ続け、愈愈どうしようもなくなった時に初めて抜本的な対策が講じられるものと思います。

個人投資家としては日本のカントリーリスクへの備えもしておくべきでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする