バリュー投資は死んだか?

スポンサーリンク
Pocket

David Einhorn率いるGreen light capitalがここしばらく苦しんでいます。

Hedge fund manager David Einhorn’s stumble may mean a value investing resurgence is near

思ったよりも好景気の終盤ステージが長引いている為、バリューよりもグロースが勝る時期が続いているのでしょう。

しかし、ずっとそんな時期が続くはずはなく、いつかを見定めるのは誰しも困難なものの、米国債の長期金利が上昇傾向にあり、イールドカーブのフラットニング化が進んでいることから、景気後退期に入るのはそう遠くはないのではないかと思います。

ただ、その時期は分かりませんので、長期的な期待リターンが最も高い株式にリスクエクスポージャーを持ったまま、ディフェンシブ銘柄に資金を移していこうと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする