投資は退屈な時もある

スポンサーリンク
Pocket

今年は投資先の状態に一部を除き大きな変化がなく(と思っている)、既存投資先を売却する気が起きません。

また、サラリーマン稼業が忙しく既存投資先の状態チェックを最低限行うのが限界で新規銘柄発掘の時間が取れません。

更に現金の割合を徐々に増やしたいので、益々新規銘柄に時間を割く気が起きません。

こうなると、優待クロス以外の売買はゼロとなり、投資に関しては非常に退屈な日々です。

勿論既存投資先のチェックは好奇心を満たすのて楽しい限りですが。

ただただ配当金が積み上がる日々でわくわく感がないですが、衝動的に売買したい気持ちを抑えられていることはよく出来ているなと追います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする